陶器市から、足を伸ばして西明寺へ

2016.4.1 09:23お知らせ / 医療・介護

にぎやかな市を楽しんだら、静かな古寺の散策を

益子では4月29日から5月8日まで、春の陶器市が開催されます。
にぎやか市から、ちょっと足をのばして西明寺へ・・・このコースがすっかり人気になりました。

西明寺では日本最大の「笑い閻魔」をはじめ、
国指定重要文化財「楼門」「本堂厨子」「三重塔」もご覧いただけます。
お時間があれば、寺の境内から春の益子を一望できる権現平へハイキングも楽しめますよ。

 期間中は無料のシャトルバスを運行いたしますので、どうぞご利用ください。

バス運行時間

つかもとスタンド前発(西明寺までの所要時間は約10分です)
11:00 12:00 13:00 14:00

西明寺発(お客さまが多数の場合は増便いたします)
11:50 12:50 13:50 14:50

ca409b1593a4491d18292e29ca6b6786-150x150

 

 

 

 

 

普門院診療所内科医・西明寺住職 田中雅博の著書が刊行されました。
「いのちの苦しみは消える」医師で僧侶で末期がんの私
小学館 定価900円(+税)

 

 

 

 

 

 

 

診療所・新スタッフ

2015.7.21 13:47医療・介護

普門院診療所は整形外科、リハビリテーション科に非常勤医として3人の先生をお迎えしました。

各先生の8月の診察予定日はつぎのとおりです。

村瀬医師 : 8月8日(土) 整形外科専門医

古市医師 : 8月23日(日)リハビリテーション医学専門医、身体障害者福祉法指定医

小島医師 : 8月1日(土)、8月22日(土)整形外科専門医、脳性麻痺外科医

 診察時間は午前10時~12時  診察予約は電話にて受付しております

村瀬3村瀬鎮雄(むらせ・しずお)

小児の関節疾患、成人や高齢者の股関節疾患・腰痛などが専門です。これまで、股関節疾患の手術数は1500例、股関節手術は日本最多で9000例、臼蓋回転骨切りの手術例は世界最多を記録しています。脊椎・膝関節などの分野においても多くの患者さんを察・治療、人工関節は600例にもおよびます。

           

555古市照人(ふるいち・てるひと)

リハビリテ-ション医療全般を担当。とくに脳血管障害や脊髄損傷、脊椎疾患、脳性麻痺、間接リウマチ、変型性関節症など、こどもから高齢者までライフサイクルを十分に考慮し、きめ細かく対応します。また大学、各種医療機関、一般の方に対してリハビリテーションについての啓蒙活動も積極的に行っております。

 

小島洋文(こじ小島1ま・ひろぶみ)

亡くなられた神前先生の後を継ぎ、とくに手足などの不自由なこども、障害をもつこどものために役に立ちたいという情熱は並々ならぬものがあります。手術では執刀医として現場の最前線で活躍。いかなるときも自分を冷静に保つ、病気を治すのではなく患者さんの病気が治る力を邪魔しない、というのがモットーです。

普門院診療所

2015.5.6 17:02医療・介護

12

1212古市古市より充実した地域医療のために、新体制を

普門院診療所は整形外科、リハビリテーション科に非常勤医として3人の先生をお迎えしました。

 

古市村瀬3

村瀬鎮雄(むらせ・しずお)先生
整形外科専門医
東京慈恵会医科大学卒

小児の関節疾患、成人や高齢者の股関節疾患・腰痛などが専門です。これまで、股関節疾患の手術数は1500例、股関節手術は日本最多で9000例、臼蓋回転骨切りの手術例は世界最多を記録しています。脊椎・膝関節などの分野においても多くの患者さんを診察・治療、人工関節は600例にもおよびます。
診察:第2土曜日 午前10時~12時

12古市11555

古市照人(ふるいち・てるひと)先生
リハビリテーション医学専門医、身体障害者福祉法指定医
獨協医科大学卒

リハビリテ-ション医療全般を担当。とくに脳血管障害や脊髄損傷、脊椎疾患、脳性麻痺、間接リウマチ、変型性関節症など、こどもから高齢者までライフサイクルを十分に考慮し、きめ細かく対応します。また大学、各種医療機関、一般の方に対してリハビリテーションについての啓蒙活動も積極的に行っております。
診察:第2、第4日曜日 午前10時~12時

小島1

 

小島洋文(こじま・ひろぶみ)先生
整形外科専門医、脳性麻痺外科医
福井医科大学(現・福井大学医学部)卒

亡くなられた神前先生の後を継ぎ、とくに手足などの不自由なこども、障害をもつこどものために役に立ちたいという情熱は並々ならぬものがあります。手術では執刀医として現場の最前線で活躍。いかなるときも自分を冷静に保つ、病気を治すのではなく患者さんの病気が治る力を邪魔しない、というのがモットーです。
診察:第1、第3土曜日 午前10時~12時

 

 

 

 

整形外科

2015.2.25 10:20医療・介護

神前先生に心をこめて、ありがとう!

普門院診療所で約6年間、整形外科専門医・小児外科医・リハビリテーション専門医として尽力された神前智一(こうざき・ともかず)先生が亡くなられ、すでに3か月になりますが、ここで改めて先生に感謝の意を表したいと思います。

神前先生は主に障害児の手術・治療・リハビリに当たられ、多くのお子さんから信頼され感謝され、また慕われました。とくに先生が行われた整形外科手術(osscs)は栃木県では類を見ないもので、県内外においても小児医療の分野で高く評価されました。普門院診療所は神前先生の残された功績をもとに、その想いを引き継ぎ今後ともより優れた障害児の治療に取り組んでまいります。

なお、普門院診療所の整形外科は新しく担任された小島洋文医師をはじめ、田中麻香院長、荒川高志医師のチームにより支障なく継続され、月2回の手術も通常どおり行われておりますので、どうぞご安心ください。(当サイトの医療・介護ページはただいま改訂に向けて準備中です)

 

神前先生の治療を受けたお子さんから、霊前に寄せられたメッセージをいくつかご紹介いたします。(クリックで写真拡大できます)p111p222p333

p444

在宅医療

2014.11.4 18:00医療・介護

医療法人 普門院診療所の在宅医療

在宅医療は通院が困難な方のさまざまな疾患に対して、定期的・計画的に訪問診療を行うものです。当院は普門グループとして医療、介護の面から医師・看護師・療法士などが一体となり、24時間365日体制で病状管理を行います。
また、この在宅医療は各医療機関・介護サービス・行政とも連携し、診療だけでなく全身の健康状態の維持・向上にも力を注いでおります。患者さん・家族の方のお考え以上の診療・介護が可能となる場合もありますので、まずはご相談ください。

診療内容
通常の診療や内服薬の処方に加えて、状態に応じ採血などの検査、点滴・注射などの治療も行います。レントゲン撮影などが必要な場合は、当院で検査を受けていただきます。(移動手段がない場合は送迎いたします)また、当院リハビリテーション科の専門スタッフによる訪問リハビリも可能です。

対象
 通院困難の方、寝たきりの状態、医師の管理が必要な医療器具や機器を使用されている方、また病状により自宅療養を望まれる方も対象となります。

費用
 医療保険1割負担の方の場合、1か月の基本的な自己負担額は6,840円前後です。
- 検査を実施した場合、上記の他に600~2,100円程度の自己負担があります。
- 注射、点滴を実施した場合、100~1,000円程度の自己負担があります。
- 医療機器を貸出した場合、1か月1,000~8,000円程度の自己負担があります。
- 定期訪問診療の交通費は頂きません。(緊急時・夜間の往診は別途)

完全予約制
 医師による訪問診療は月1~2回(病状により変更)
看護師による訪問看護は月1~4回(病状により変更)

緊急時は24時間365日対応
 病状が急変した場合は、夜間・休日に関係なくご連絡ください。定期的な診察で状態が把握されていますから、状況を迅速に判断。看護師の訪問あるいは医師の往診など、適切な対応をいたします。

お問い合わせ:普門院診療所
 栃木県芳賀郡益子町益子4469 電話(0285)72-7122

 「スタッフがお伺いして、詳細を説明いたします」

nurse_nocap